富山眼科医会の紹介

HOME 眼鏡処方の手順
眼科での検査・眼鏡処方について手順
 

コンタクトレンズについて眼科医からの重要なお知らせ

コンタクトレンズ、十分使い慣れているからといって危険と隣り合わせです。

間違った使い方をして、たいへんなことになった人を何人も診ている眼科医だから、診断、チェックをして適切なコンタクトレンズを選び、アドバイスします。

眼科での処方もなしに手軽に買えるとうたっている無責任な販売業者に気をつけましょう。

 
1 眼科に受診して眼の状態を確認します。

眼鏡処方の患者さんが眼科を受診された場合、白内障や黄斑変性などの黄斑疾患などの病気の有無を調べます。

検査で良好な視力が確認された場合でも、自覚症状が乏しい病気、例えば、初期の緑内障や網膜剥離などが発見される場合があります。

ページトップへ
2 眼鏡作成に必要なデータを検査で調べます。

近視 遠視 乱視などの屈折異常、 斜視などの眼位異常の程度などを調べます。

特に、 斜視 弱視 心因性視力障害 調節緊張などがある子供の場合の場合、 調節麻痺剤という特殊な点眼を用いなければ正確な眼鏡処方に必要なデータを確認できません。

ページトップへ
3 眼鏡のレンズの選択

使用目的などから、遠方をみるためなのか、近用なのか、または遠近両用や中近両用かなど確認して処方レンズを決めます。

ページトップへ
4 眼鏡処方箋を発行します。

眼鏡処方箋は、眼科の検査の結果、発行されるため重要です。

眼科では、まず病気の有無の確認をするからです。自覚症状はなくとも、治療の必要性がある病気も珍しくありません。


・斜視・弱視

斜視、弱視の治療用のメガネでは眼鏡処方箋は重要です。眼科で 調節麻痺剤という点眼を使用しないと眼のデータは正確に得られないからです。 また、 調節緊張 心因性視力障害、ときには 通常の近視の子供にも、調節麻痺剤を使用します。


・白内障手術を受けた若い方

40代以下の若い人で白内障手術をすでに受けた方は、通常、年齢とは一致しない老眼になっています。


・白内障の進行、角膜、緑内障や網膜の病気

治療や病気の進行の結果、眼のデータが変動する場合があり、眼鏡の度数の決定、作製時期などに影響を及ぼすことがあります。


ページトップへ
5 眼鏡店で眼鏡の作成

眼科では基本的に眼鏡店の指定は行いません。
ご予算、好みのフレームの有無、購入本数、眼鏡の細かい調整などの関係もありますので、信頼できる眼鏡店で相談・購入してください。

フレームの調整や作製後にレンズの交換なども必要な場合もあるので、遠方での購入や通信販売は避けたほうがいいかと思います。

ページトップへ
6 眼鏡の見え方の確認

特に斜視、弱視などの治療用の眼鏡の場合、眼科で眼鏡の確認をしましょう。

・度数の変更が必要な場合があります。

・まれですが、眼鏡店で作製されたレンズの度数が間違っている場合があります。

・正しい度数であっても見え方がおかしい場合があり、レンズの交換やフレーム調整が必要な場合もあります。

・遠近両用など使いこなせないなどの問題がある場合もあります。


ページトップへ
7 眼鏡とコンタクトレンズ情報

コンタクトレンズ処方の手順


コンタクトレンズは高度管理医療機器


眼鏡処方のおしらせ



ページトップへ